くららく

生活に役立つ情報、暮らしの疑問の解決法、耳寄り情報、健康や美容に関する情報などをまとめています。

父の日にプレゼントする花は何がいい?定番は?花言葉で選ぶなら?

   

6月の第3日曜日といったら父の日。何をプレゼントに贈るか決まりましたでしょうか?

花をプレゼントにしようとすると、どんな花がいいんだろうって悩みますよね。

プレゼントする相手が男性だと、特に困ると思います。

 

そこでここでは、父の日のプレゼントにオススメの花を紹介します!

ここから選べば、間違いないと思いますよ。

スポンサードリンク

父の日にプレゼントする花っていったら何がいいの?

父の日のプレゼントって、母の日のカーネーションみたいな定番の物がないから、何を贈ればいいのか悩んでしまうんですよね。

花をプレゼントするにしても何にすればいいんだろうって。

園芸が趣味のお父様でしたら好きな花をプレゼントに選びやすいですけど、そうじゃなかったら困ってしまいますよね。

 

特にこの花じゃないといけないって物はありませんから、どんな花でも大抵はいいんですけど、選択肢が多すぎるとなかなか選べないと思います。

(父の日に贈るのは、場合によってはNGな花もあります。それは次の章で紹介しますね)

 

そんな場合は、父の日のプレゼントに定番の花から選んだり、父の日にピッタリな花言葉を持つ花から選ぶのもいいですよ。

それをこれから紹介しますので、「ウチのお父さんにいいかも」ってビビッときた花があったら、父の日のプレゼントに選んでみてください。

 

父の日に贈る花の定番といったらコレ!

父の日のプレゼントの花で定番といったら、まず挙げられるのはバラです。

父の日シーズンには、お店に黄色いバラのイラストなどが目立ちますから、これは知っている人が多いかもしれませんね。

 

どうしてバラなのかというと、父の日を提唱したアメリカ人、ジョン・ブルース・ドット夫人という人物が、母の日だけではなく、父の日も作って欲しいと牧師協会にお願いしたことが由来です。

 

彼女の父親は、妻に先立たれ、男で一つで6人の子供たちを育て上げました。

苦労して自分を育ててくれた父親に感謝の気持ちを贈りたいということで、ドット夫人は父のお墓に、お父さんが大好きだった白いバラをお供えしたんです。

 

そこから、1972年に、彼女の父親が生まれた月である6月の第3日曜日が父の日に制定され、バラが父の日のプレゼントの定番になったそうです。

 

ドット夫人が父のお墓に供えたのが白いバラだったことから、白いバラは他界した父親へに贈るものとされているので気をつけてくださいね。

お父様が健在でしたら赤いバラか、黄色いバラを選びましょう。

 

赤いバラの花言葉は「愛情」「私はあなたを守る」と、父の日にぴったりなのですが、黄色いバラの花言葉は「美」「嫉妬」と、花言葉だけを見ると、ちょっと父の日に贈るのにはそぐわないですね。

でも、黄色いバラが父の日の定番になったのには、こんないきさつがあるんです。

 

どうして黄色いバラが父の日によく見られるのかといいますと、1980年台に設立された「日本ファーザーズ・デイ委員会」が、黄色を父の日のイメージカラーに提唱したことに始まります。

黄色には「幸福」や「希望」のイメージがあるので選ばれたそうです。

著名人の中から、素敵な父親に贈られる「ベストファーザー イエローリボン賞」でも、イメージカラーは黄色ですよね。

 

こういうわけで、今は黄色いバラには、父の日にピッタリの意味が付けられているので、花言葉はそんなに気にしなくていいと思いますよ。

どうしても花言葉が引っかかるという場合は、赤いバラにしておけば間違いないでしょう。

 

ちなみに、白いバラの花言葉は「尊敬」「純潔」です。

天国のお父さんへの感謝の気持ちを伝えるのにぴったりですよね。

 

 

バラと並んで父の日のプレゼントの定番になっている花がヒマワリです。

ヒマワリも黄色いですものね。

ヒマワリってとっても明るくて元気なイメージがありますから、お父さんにいつまでも元気でいて欲しいという気持ちにピッタリなプレゼントだと思います。

 

ヒマワリの花言葉は、「あなただけを見つめます」「敬慕」「愛慕」「あこがれ」と、こちらも父の日にうってつけ。

バラに劣らず、ひまわりも人気の父の日プレゼントになっていますよ。

 

というわけで、父の日に何の花を贈ればいいのかなと悩んでしまったら、定番のバラかヒマワリから選ぶというのも一つの手です。

でも、バラとヒマワリ以外にも、父の日にピッタリな花言葉を持つ花がたくさんありますから、それも次の章で紹介しますね。


スポンサードリンク

父の日にプレゼントする花には 花言葉に感謝の気持ちを込めてみては?

定番のバラやヒマワリをお父さんにプレゼントするのもいいですけど、それ以外の花から選ぶのもおすすめです。

花言葉に感謝の気持ちを込めて贈るのも、素敵なプレゼントになると思いますよ。

男性だと、花言葉は全然知らないかもしれませんけどね^^;

 

では、父の日にピッタリな花言葉を持つ花を紹介しますね。

 

ユリ

「子の愛」「純潔」「威厳」

ユリだったら、ユリの一種であるカサブランカも人気ですね。

 

胡蝶蘭

「幸福が飛んでくる」

胡蝶蘭は育てるのが難しい花ですから、園芸が趣味ではないお父様には向かないかもしれませんので注意してください。

 

アイスランドポピー

「気高い精神」

 

アジサイ

「辛抱強い愛情」「クールなうつくしさ」

 

グロリオーサ

「栄光」「頑強」

 

ヒオウギ

「誠実」「誠意」

 

ゼニアオイ

「温和」「信念」

 

センニチコウ

「不屈」「変わらぬ愛情」

 

いかがでしょうか。ウチのお父さんにピッタリだなと思う花言葉が見つかったでしょうか?

これら以外の花でも、お花屋さんで「こんな花言葉の花はありませんか?」って聞いてみれば、ピッタリの花を選んでくれるかもしれません。

父の日のプレゼントには、ぜひ素敵な花を選んであげてくださいね。

 

まとめ・・・というか小話

うちの父は、園芸が結構好きで花なんかも育ててるんですが、以前ご近所のご主人にパンジーをおすそ分けしてたんですね。

その方も園芸好きってことで。

でも、パンジーの花言葉は「私を思って」

オッサン同士の禁断の愛の始まりか(笑)

 

男性だと、花言葉なんて知らないし、興味もないのかもしれませんけど、そこに感謝の気持ちを込めるのはとてもいいですよね。

スポンサードリンク

あなたの気持ちも、花に乗ってお父様に届きますように。

スポンサードリンク

 - 春の行事 ,