くららく

生活に役立つ情報、暮らしの疑問の解決法、耳寄り情報、健康や美容に関する情報などをまとめています。

夏の行事

半夏生とはどういう日?由来は?たこやうどんを食べる意味は?

投稿日:2016年4月1日 更新日:

taue

半夏生、という日があるんですよね。

半夏生と書いて「はんげしょう」と読みますけど、初めて見たときには、これ読めませんよね。

はんなつなま…? とか(笑)

岡本夏生が半分どうかしたのか? とかw

 

…冗談はさておき、この半夏生、日本に昔からある風習だったんです。

その日に行われるちょっとユニークな習慣がある地域もありますので、意味や由来と合わせて紹介します。

スポンサードリンク

 

半夏生とは?一体どんな日?由来は?

この半夏生(はんげしょう)という日が一体いつなのかといいますと、夏至の日から数えて11日後に当たります。

ですから大体、7月の2日から7日頃ですね。

 

日付が定まっていないのは、夏至の日が年によって変わるからです。

そのため、2015年の半夏生は7月2日、2016年の半夏生は7月1日といった感じで変動します。

 

で、この半夏生という日は一体何なのかですが、半夏(はんげ)という薬草が生える時期であることから、この名前がついたといいます。

半夏が生える頃までに田植えを終えておかないといけないと、昔のお百姓さんたちが農作業の目安にしていたのです。

 

なんでも、半夏生を過ぎてから田植えをすると稲が充分に育たず、収穫量がかなり下がって半分になってしまったりしたのだそう。

ちなみにそのことを「半夏半作」と言うそうです。

 

今は品種改良や農業技術の進歩で、半夏生を目安にすることはなくなっているそうですが、農耕民族の日本人にとっては元々大事な日だったんですね。

 

半夏生にたこを食べるのはどうして?

半夏生に行われる風習に、たこを食べるというものがあります。

こういった風習があるのは関西地方です。

 

これも先程の田植えの話と関係していまして、植えた稲がたこの足のようにしっかり根を張って、豊作になりますようにという願いを込めていたのだそうです。

田植えはしたことありませんけど、気持ちはよくわかりますね。

 

てっきり、たこ焼きがソウルフードの大阪人の好みで、なんとなくタコを食べているのかと思いましたが、れっきとした由来があったのです。

 

関西ではこの時期に、スーパなどでタコが大々的に売り出されるそうですが、関東ではそういうのないんですよね。

関西の風習だった恵方巻きが全国的イベントになったように、半夏生も宣伝してみたらスーパーや魚屋さんが儲かるかも?

 

たこには、ファイト一発でお馴染みの某栄養ドリンクにも1000mg配合されている、あのタウリンが豊富に含まれていて疲労回復の効果がありますし、それだけではなく、動脈硬化・高血圧の予防、肝機能強化、眼精疲労回復…といろいろと優れた効果があります。

 

豊作の願掛けとは関係なくても、これから夏本番という時期にタコを食べておくのも良さそうですよね。

 

スポンサードリンク

半夏生にうどんを食べる習慣があるのはやっぱりあの県!

半夏生にたこを食べる風習がある中で、あの県には、その日にうどんを食べる習慣があります。

うどんといえば、そうです、香川県です。

 

香川県民だったら半夏生に関係なく、インド人が毎日カレーを食べるように、一年中うどんを食べていそうですが、なぜ半夏生にうどんなのでしょう?

(もしかしたら、昔は一年中うどんを食べられなかったのかも? そもそも、香川の皆さんは一年中うどんを食べているのか、ヨネスケが隣の晩ごはんで香川に行った時には、どの家のご飯もうどんだったのか…私は知りません。笑)

 

それはさておき、どうして香川ではうどんを食べるようになったのかといいますと、これもやっぱり農作業に関係しています。

 

香川では、田植えや麦の刈り入れが終わる半夏生の時期に、その麦で作ったうどんを作業を手伝ってくれた人たちにお礼として振舞っていたのだそうです。

その習慣が現在に伝わって、今も半夏生にうどんを食べるようになったというのが有力な説となっています。

 

そして、香川では1980年に「本場さぬきうどん協同組合」によって、7月2日がうどんの日に制定されました。

この日には、香川県ではさまざまなイベントが開催されます。

 

高松市の中野天満宮で催される「献麺式」もその一つ。

高松市内の繁華街では、無料でうどんが振る舞われたりもします。

うどんのために観光に行ってみるのもいいかもしれません(^^)

 

まとめ

半夏生という文字だけ見たらどういう意味なのか全くわかりませんが、元々日本人にとっては、とっても重要な意味がある日だったのですね。

その日にタコやうどんを食べる習慣にも、しっかり理由があります。

スポンサードリンク

半夏生の日にはタコやうどんを食べて、昔の人の知恵や苦労に思いを馳せてみるのもいいかもしれません。

スポンサードリンク

-夏の行事
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

七夕の短冊 願い事は何を書く 保育園2歳3歳は面白い事も言うし…

保育園で七夕のお願い事を書いてきてくださいということで短冊をもらったら、何を書けばいいのでしょうか。 スポンサードリンク 2歳とか3歳の子供だと、自分で短冊に願い事を書くなんてできませんし、親が書いて …

七夕の行事食 離乳食のそうめんやデザートならこれがおすすめ!

七夕にはちょっとした特別な料理を作って楽しみたいものです。 スポンサードリンク 特に、生まれたばかりの赤ちゃんにとっては、七夕は初めてのイベントだったりしますものね。   離乳食も後期になり …

お盆とは期間はいつ?そもそも何か?飾りのなすときゅうりの置き方は

スポンサードリンク お盆には田舎に帰省したり、迎え火や送り火を焚いたりするお宅も多いでしょうが、そもそもお盆とはどういう行事なのでしょうか? 旧盆などという言葉もあって、お盆って一体いつからいつまでの …

お盆玉の相場はいくら位 いつから始まった風習 袋は郵便局にある?

ここ数年、テレビや雑誌等で目にするようになった『お盆玉』なる風習。 スポンサードリンク 初めて聞いたという人も多いのではないでしょうか? 子どもや孫にお盆玉をあげるにしても、いくら位なのか相場もわかり …

父の日のプレゼントは何に 50代の親ならヘアトニックはいかが?

5月の母の日に続いて、6月には父の日がありますね。 スポンサードリンク 母の日だとカーネーションなどの定番のプレゼントがありますが、父の日のプレゼントって、そういう定番のものがないので、何を贈ればいい …

サイト内検索