くららく

生活に役立つ情報、暮らしの疑問の解決法、耳寄り情報、健康や美容に関する情報などをまとめています。

夏の観光・イベント

神奈川新聞花火大会2016の日程と時間 見える場所をチェック!

投稿日:2016年5月13日 更新日:

kanagawa-sinbun-hanabitaikai

横浜港の夜景を背景に行われる神奈川新聞花火大会は、そのレベルの高さから人気を集め、約20万人もの人々が見物に訪れます。

打ち上げられる花火は1万5000発以上。

 

音楽花火や水中花火が見所の、この神奈川新聞花火大会の日程と時間、そして見える場所として絶対押さえておきたいスポットを紹介しますので、見物に行かれる際の参考にどうぞ。

スポンサードリンク

 

神奈川新聞花火大会 2016年の日程は?

神奈川新聞花火大会は、毎年8月の第一火曜日に行われます。

2016年は、8月2日(火曜日)の開催ですね。

荒天の場合は翌日に順延されます。

 

神奈川新聞花火大会 2016年の開催時間は?

神奈川新聞花火大会の開催される時間は、午後7時から午後8時30分までとなっています。

 

参考までに昨年の大会プログラムを紹介しますと、このようになっています。

19:00 寸玉のスターマインがとめどなく打ち上げられてオープニングを飾り、会場は歓声に包まれます。

19:15 日本煙火芸術協会の役員の手による尺玉の打ち上げ。

19:40 尺玉の連続打ち上げ。空中と水面を彩る演出が見ものです。

19:50 音楽花火「スカイシンフォニー イン YOKOHAMA」とともに、感動のフィナーレです。

スポンサードリンク

 

神奈川新聞花火大会が見える場所はここ!

神奈川新聞花火大会が見える場所には、いくつかの最上スポットがあります。

ここだけははずせないという、絶好の場所を紹介しましょう。

 

神奈川新聞花火大会が見える場所 その1 横浜赤レンガ倉庫

2号館横の赤レンガパークが人気の鑑賞スポットです。海岸エリアから打ち上げられる花火を鑑賞できます。

この場所は花火がよく見える場所なだけあって、毎年混雑します。こちらで鑑賞するのでしたら、早めに行きましょう。

 

神奈川新聞花火大会が見える場所 その2 臨港パークカップヌードルミュージアムパーク

みなとみらい地区にある公園ですが、こちらは有料エリアになっています。

芝の上に座ってゆっくり花火を見られますよ。

 

こちらで鑑賞するための花火鑑賞券は、ローソンにあるLoppiで購入することができます。

料金は、大人(高校生以上)が2500円、子ども(小中学生)が500円、小学生未満は無料となっています。

 

神奈川新聞花火大会が見える場所 その3 よこはまコスモワールド

よこはまコスモワールドにある大観覧車からも花火がバッチリ見えます。

こちらも穴場的に人気のスポットで、当日は40分以上待つことになりますから、ここで見たいのでしたらお早めにどうぞ。

コスモワールドは入園は無料ですが、アトラクションには料金がかかります。

 

神奈川新聞花火大会が見える場所 その4 横浜ランドマークタワー スカイガーデン

横浜ランドマークタワーの69階にある展望フロアです。

地上237メートルですから、花火を上から見下ろすことができます。

横浜の夜景とともに見る花火というのも、最高に綺麗なことでしょう。

こちらは入場に料金がかかりますが、大人でも1000円ですからお得と言えるのではないでしょうか。

 

神奈川新聞花火大会が見える場所 その5 横浜港大さん橋国際客船ターミナル

こちらは大会当日に入場規制がかけられ、入るには入場料がかかりますが、その代わり比較的ゆっくり花火鑑賞ができます。

横浜港に面しているだけあって、絶好のスポットとなっています。こちらで花火鑑賞をしたいのでしたら、整理券をゲットしましょう。

 

まとめ

多くの人が訪れる大会ですから、人気のスポットは混雑します。

スポンサードリンク

特に、赤レンガ倉庫とコスモワールドは、早めに行きましょう。

スポンサードリンク

-夏の観光・イベント
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

四日市花火大会に車で行くなら混雑や交通規制 駐車場をチェック!

8月の下旬に開催される四日市花火大会を見に行きたいという方も多いでしょう。 スポンサードリンク 毎年4万人もの人が訪れるビッグイベントですから、期待も高まりますよね。   ですが、その一方で …

神宮花火大会が見える場所ならこの展望台 ホテル レストラン!

スポンサードリンク 神宮外苑で開催される神宮花火大会には、およそ100万人もの人が訪れます。 多くの有料席が用意されますが、展望台やホテル、レストランから鑑賞するのもいいですよね。   ここ …

麻布十番納涼まつり2017年の日程と混雑は 屋台はどんなのが出る?

スポンサードリンク インターナショナルな街で開催される麻布十番納涼祭り。 その場所柄、オシャレなレストランの屋台なども注目ですが、行ったことがないと、やっぱり混雑も気になりますよね。   ス …

花火大会 関東でのおすすめ 水中 水上花火やナイアガラならここ!

川辺や海辺で開催されることの多い花火大会、水を活かした演出も見逃せません。 スポンサードリンク 水中花火やナイアガラの滝といった、火と水の競演はとても美しく芸術的ですよね。 水面に映る絶景や、光の大瀑 …

愛染祭に浴衣を着ていっていい?開催時間と屋台の営業時間は?

スポンサードリンク 6月の終わりに大阪市天王寺区夕陽ヶ丘町の愛染堂勝鬘院で開催される愛染祭は、大阪で一番早い夏のお祭り。 夏気分をいち早く先取りしたいなら、ぜひとも行きたいイベントです。   …

サイト内検索

他のブログを覗いてみたいなら こちらからどうぞ!

にほんブログ村 その他生活ブログへ