くららく

生活に役立つ情報、暮らしの疑問の解決法、耳寄り情報、健康や美容に関する情報などをまとめています。

健康・美容

インフルエンザは潜伏期間でもうつる?症状は?検査を受けるべき?

投稿日:2016年9月18日 更新日:

ばいきん

インフルエンザが流行する季節には、かかってしまわないように手洗いやうがいなどの対策はしっかりしておきたいですけど、人から人へとうつるのも心配ですよね。

果たして、インフルエンザって、まだ症状の出ていない潜伏期間でもうつるものなのでしょうか?

潜伏期間だと、どんな症状が出るのでしょうか?

潜伏期間でも、インフルエンザがうつってしまったかもしれない場合は、検査を受けたほうがいいのでしょうか?

今回は、そのあたりの情報について紹介しますね。

スポンサードリンク

 

インフルエンザって潜伏期間でもうつるの?

インフルエンザにかかった人に数日前に会ったけど、その時はまだ元気だったなんてことがあったりしたら、もしかしたらその時にインフルエンザがうつったのではないかと心配になりますよね。

逆に、自分がインフルエンザにかかってしまって、潜伏期間に他の人にうつしてしまったのではないかということもあります。

インフルエンザって、まだ症状の出ていない潜伏期間でもうつるんでしょうか?

 

インフルエンザは、潜伏期間でまだ症状が現れていなくてもうつります。

ですから、インフルエンザの症状がまだ現れていなくても、潜伏期間中の人からうつるということもありますし、自分がインフルエンザに感染していて、潜伏期間中に人にうつしてしまうこともあります。

 

インフルエンザの潜伏期間は、通常ですと1日から3日。

長い場合だと、1週間くらいです。

 

なので、インフルエンザになった人に1週間以内に会った場合は、自分もうつってしまっているかもしれません。

 

インフルエンザは潜伏期間でも症状が出るの?

インフルエンザがうつってしまった場合、潜伏期間でも症状が出るのでしょうか?

 

実は、インフルエンザの潜伏期間には症状は現れません。

 

ですから、寒気がしたり熱っぽかったりするし、もしかしたらインフルエンザにかかってしまったかもしれないから、うつさないように人との接触は避けよう、なんていう配慮ができないんですね。

 

インフルエンザのウイルスは、まず鼻や喉から侵入し、気管や肺の中にある気管支へと行きます。

そこの細胞に入り込んで、自分のコピーを作って大繁殖します。

24時間で100万個にもなるという凄いペースで増殖するんですよ。

 

その時に取り付いた細胞を破壊してしまって、そうなるとそこに炎症が起こり、それによってインフルエンザの症状が現れるのです。

そうなった時に初めて、くしゃみや咳、発熱、喉の痛み、頭痛といったインフルエンザの症状が出てきます。

 

その時の咳やくしゃみの飛沫に含まれるウイルスを吸い込むことなどでインフルエンザに感染しますが、まだ症状の出ていない潜伏期間でも吐く息には既にウイルスが含まれています。

ですから、潜伏期間の人からでもインフルエンザがうつってしまうことがあるんですね。


スポンサードリンク

インフルエンザって潜伏期間かもしれなくても検査を受けるべき?

では、インフルエンザがうつってしまったかもしれないけど、まだ潜伏期間なのか、症状は出ていないという場合でも、検査を受ければ発症を未然に防ぐことができるのでしょうか?

 

残念ながら、インフルエンザの潜伏期間に検査をしても意味がないんです。

 

インフルエンザの検査には『迅速診断キット』というものを使いますが、これは体の中のインフルエンザウイルスの数を測ることで検査結果を出しています。

ですが、潜伏期間ですとまだウイルスの数が少ないので、この検査では正確な結果を出すことができません。

 

インフルエンザの症状が現れてから、だいたい12時間位してからでないと、たとえ潜伏期間だったとしても、感染していないという結果が出る場合があるのです。

ですから、インフルエンザが心配なのでしたら、発熱などの症状が出た場合に、12時間以上経ってから検査を受けるようにしましょう。

 

ただし、12時間以上とはいっても、遅すぎてもいけません。

インフルエンザの薬、抗インフルエンザ薬は、症状が出てから48時間以内に服用しないと効果がないのです。

 

早すぎてもいけませんが、遅すぎてもいけませんので、そのあたりに注意しつつ検査を受けるようにして下さい。

 

まとめ

インフルエンザは潜伏期間でもうつり、潜伏期間中は症状は現れません。

潜伏期間は、通常ですと1日から3日。長い場合だと1週間くらいです。

インフルエンザの潜伏期間中に検査を受けても、正確な診断ができず意味がありませんので、発熱などの症状が出て12時間以上経ってから検査を受けるようにしましょう。

スポンサードリンク

インフルエンザの薬は、症状が出てから48時間以内に飲まないと効果がありません。検査を受けるのが遅すぎてもいけませんので気をつけてくださいね。

スポンサードリンク

-健康・美容
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

低気圧と頭痛はどう関係しているの?対策は?このアプリが便利!

スポンサードリンク 雨の日になるとなぜか頭痛がするっていうことありますよね。 どうして低気圧で頭痛になってしまうのでしょうか。   ここでは、低気圧と頭痛の関係、頭痛を解消するための対策、そ …

溶連菌感染症 大人の症状は?治療法は?出勤はいつから可能?

スポンサードリンク 溶連菌感染症というと子供の病気というイメージかもしれませんが、大人でも疲労などで体の抵抗力が低下している場合には、感染・発症します。   スポンサードリンク ここでは、ひ …

頭痛薬の副作用で胃痛にならない飲み方と原因成分の少ない市販薬は?

スポンサードリンク 頭痛が起こった時に頼りたいのが頭痛薬ですが、副作用で胃痛が起こったり、胃が荒れたりしてしまうのが辛かったり、心配だったりしますよね。 でも、飲み方をちょっと工夫するだけでも胃へのダ …

セロトニン不足がうつの原因!増やす方法は?サプリでもいいの?

気分が沈んでしまって何もやる気が起きなくなってしまう、うつってなんとかしたいですよね。 スポンサードリンク うつの原因の一つがセロトニン不足ですが、このセロトニンを増やしてうつ状態を改善するにはどうす …

薄毛にオススメのシャンプー方法!これで抜け毛が激減しました!

薄毛が気になりだすと、シャンプー後の抜け毛の本数なんかも気になってしまうんですよね。 スポンサードリンク でも、私はこれから紹介するシャンプー方法を試してみたら、目に見えてシャンプー後の抜け毛の本数が …

サイト内検索

他のブログを覗いてみたいなら こちらからどうぞ!

にほんブログ村 その他生活ブログへ