生活に役立つ情報、暮らしの疑問の解決法、耳寄り情報、健康や美容に関する情報などをまとめています。

春の観光・イベント

勝浦ビッグひな祭り2018年の情報 駐車場は?雨天の場合は?

投稿日:2018年1月10日 更新日:

勝浦 ひな祭り 2018 駐車場 雨

千葉県勝浦市で開催される勝浦ビッグひな祭りは、何万体ものひな人形が一斉に飾られていて凄そうですよね。

町を挙げてのひな祭りは、ぜひ一度見てみたいものです。

 

アクアラインができて行きやすくなったこともあり、休日に勝浦まで行ってみようかと予定している人も多いのではないでしょうか?

そこで気になるのは駐車場ですよね。

また、外に千体以上ものひな人形が飾られる場所もありますから、雨が降ったらどうなるんだろうというのも心配です。

 

ここでは、2018年の勝浦ビッグひな祭りについて、その辺りの気になる情報をまとめています。

スポンサードリンク

勝浦ビッグひな祭り 2018年の情報

2001年に、名前が同じ徳島県の勝浦町から約7,000体の雛人形を譲り受けたことから始まった、千葉県勝浦市の勝浦ビッグひな祭り。

今では市内の各所に合計3万体もの雛人形が飾られ、来る人を楽しませてくれます。

 

勝浦ビッグひな祭りの2018(平成30)年の開催期間は、次のとおりです。

2018年2月23日(金)~2018年3月4日(日)

今年の2月は28日までですから、10日間の開催になりますね。

 

一番の見所は、何といっても浜勝浦の遠見岬(とみさき)神社の石段に飾られるお雛様でしょう。

60段の石段に、所狭しと飾られる約1,800体の雛人形は圧巻ですよ。

アオイさん(@aoi8510)がシェアした投稿

他のスポットも、もちろん見ごたえ十分なところばかり。

 

そんな勝浦ビッグひな祭りに車で行く場合、気になるのは駐車場ですよね。

その辺りについて、次の章で紹介しますね。

 

勝浦ビッグひな祭りの駐車場はどこ?

勝浦ビッグひな祭りでは、会場周辺には公式に用意される駐車場はありません。

 

地元の方がやっている駐車場が近くにあるにはあります。

でも、確実に停められるわけではありませんので、はじめからそういった場所を当てにして車で行くのはおすすめできません。

 

で、運営側によって用意されている公式の駐車場はどこかというと、平日に行くか、土日に行くかによって場所が変わってきます。

 

【平日】

出水市営駐車場(千葉県勝浦市出水1212-2)
芸術文化交流センター(千葉県勝浦市沢倉523番地1)
武道館研修センター(千葉県勝浦市沢倉582番地)

 

駐車料金は無料です。

ここから、無料のシャトルバスで会場まで行きます。

 

この3つの駐車場の中では、出水市営駐車場が遠見岬神社に一番近いですね。会場まで徒歩圏内です。

他の2ヶ所は、会場からはとても遠くて、歩きではちょっと無理でしょう。

 

 

【土日】

守谷海岸駐車場(千葉県勝浦市守谷761-1)

 

こちらも駐車料金は無料で、ここから無料のシャトルバスで会場まで向かいます。

 

勝浦ビッグひな祭りには土日に行く人が多いのではないでしょうか?

その場合は、こちらの駐車場を利用することになりますね。

こちらの駐車場は、16時半くらいで一杯になって入場できなくなってしまいますから、ここに車を停めるのでしたら、それよりもお早めに。

 

この守谷海岸駐車場は、勝浦ビッグひな祭りの会場からはかなり離れています。

無料のシャトルバスで10~15分くらいです。

シャトルバスは、会場近くにあるホテル三日月そばの駐車場に停まります。

 

シャトルバスは、前に行ったときには、全日8:30~17:00に20分間隔くらいで運行していました。

最終便が17時までですから気をつけてくださいね。

 

ひな飾りのライトアップは17時以降です。

ライトアップまで見たいのでしたら、歩いて行ける出水市営駐車場(平日のみ利用可)に車を停めましょう。


スポンサードリンク

勝浦ビッグひな祭りは雨の場合どうなるの?

雨が降った場合は、遠見岬神社や覚翁寺など、外に多数展示されている雛人形は片付けられてしまいます。

天気が回復して雨がやんだら再び展示される場合もあるようですが、雨がやんだのが夕方だと、その日の展示はもうありません。

 

ですので、圧巻の遠見岬神社の雛人形などが見たいのでしたら、雨の降りそうにない日を選んで行ったほうがいいですね。

天気予報は要チェックです。

 

雨が降った日には、遠見岬神社の石段には雛人形が飾られなくて普通に登れます。

せめて神社だけでも見ようと、近くの朝市からも人が流れてきて、雨の日は雨の日で、また違った賑わいがありますよ。

 

また、道路沿いに立ち並ぶ商店や民家では、外から見えるように雛人形を飾ってくれていて、雨の日でも楽しめます。

勝浦市芸術文化交流センター「Küste」など、屋内展示の会場も多いです。

 

もし行ってから雨が降ってしまったら、そちらを楽しんで下さい。


スポンサードリンク

まとめ

2018年2月23日~2018年3月4日(日)に開催される勝浦ビッグひな祭りでは、会場周辺に駐車場は用意されません。

少し離れた場所にある無料駐車場に車を停めて、そこから無料のシャトルバスを利用しての移動となります。

平日と土日では、利用できる駐車場が異なるので気をつけましょう。

 

雨が降ると、遠見岬神社など、外に展示されているひな人形は片付けられてしまいます。

外展示も楽しみたいのでしたら、雨が降りそうにない日を選んで行ったほうがいいですね。

もし雨が降ってしまっても、屋内展示の会場や、商店、民家の雛飾りは楽しめますよ。

スポンサードリンク

-春の観光・イベント
-

執筆者:

関連記事

真壁 ひな祭り 2018 駐車場 食事

真壁のひな祭り2018年の駐車場は?食事場所ならここがオススメ!

スポンサードリンク 茨城県桜川市で毎年2月から3月にかけて開催される真壁のひな祭りは、町の各所で雛人形が飾られる一大イベント。 現代作家の雛人形から、数百年前に作られた雛人形まで見られるのは、とっても …

Information

新着記事