生活に役立つ情報、暮らしの疑問の解決法、耳寄り情報、健康や美容に関する情報などをまとめています。

花火大会

板橋花火大会 2016の日程と見る場所 有料席購入の裏ワザを紹介!

投稿日:2016年5月14日 更新日:

itabasi-hanabitaikai

大ナイアガラや大スターマインなど、見応え充分の花火が鑑賞できる板橋花火大会が今年も開催されます。

東京都内で開催される花火大会としては最大の1尺五寸の打ち上げ花火や、全長700メートルの大ナイアガラだけではなく、花火師が技を競う芸術玉の競演など見所が満載。

 

ここでは2016年に開催される板橋花火大会の日程と時間、そして見る場所や有料席に関する情報をお届けします。

スポンサードリンク

 

板橋花火大会2016の日程は?

2016年の板橋花火大会は、8月6日(土)に開催されます。(正式には『いたばし花火大会』です)

小雨なら決行されますが、荒天の場合は翌7日に延期です。

 

開催時間は、午後7時から午後8時30分です。

 

開催場所は、荒川河川敷(東京都板橋区 荒川戸田橋上流 板橋側河川敷)になっています。

戸田市側で同時開催される戸田橋花火大会と合わせて、約1万2000発の花火が打ち上げられます。

 

電車で行かれるのでしたら、JR埼京線の浮間舟渡駅か、都営三田線の高島平駅・西台駅・蓮根駅が最寄り駅になっており、いずれの駅からも徒歩30分です。

 

昨年の人出は50万人以上でした。都内最大級の一尺五寸玉の花火が見られるだけあって、今年も多くの人が訪れるでしょう。

 

同時開催の戸田橋花火大会についても紹介しますね。

戸田橋花火大会は板橋花火大会と同時開催ですので、開催日は同じ8月6日です。

開催場所は、戸田市 荒川戸田橋上流 戸田側河川敷です。

戸田橋花火大会には、昨年40万人以上もの人が訪れました。板橋花火大会のほうと合わせると相当な人出になりますね。

最寄り駅はJR埼京線戸田公園駅で、徒歩20分です。

 

板橋花火大会を見る場所はここ!

板橋花火大会は、荒川の両岸に鑑賞スポットが用意されます。

ここで、板橋花火大会がバッチリ見える場所を紹介しますね。

 

硬式野球場・軟式野球場

野球場だけあってとても広く、ゆっくり鑑賞できる場所です。

板橋側の土手には1から9までの階段がありますが、このうち8と9の階段を下りたところにこの野球場があります。

 

板橋側河川敷

板橋花火大会を見るのなら、ここがベストポイントと言う人も多い、とても評判のいい場所です。

そのため非常に混み合いますが、土手なので階段状になっていますから、鑑賞にはとても向いている場所と言えるでしょう。

 

芝生広場

こちらも板橋側になります。

場所は陸上競技場のすぐ横で、河川敷の2か3の階段を下りたところです。

打ち上げ場所にも近く、大迫力で花火鑑賞ができます。特に芝生広場の東側は、大ナイアガラが近くてよく見えます。それだけに場所取りの競争率も高くなっています。

 

野草広場

穴場スポットといえばここでしょう。

先ほど挙げた芝生広場よりも打ち上げ場所から遠い位置にあり、比較的空いています。

最寄り駅の高島平駅にも近く、移動が楽なのも嬉しいスポットです。

野草広場は、河川敷の1か2の階段を下りてすぐの場所です。

 

 

どの場所で見るにしても、早めに行って場所を確保しておきたいと思う人が多いでしょうが、場所取りができるのは当日の朝からですので気をつけて下さい。

前日にシートを敷いても撤去されてしまいます。

 

場所取りで特に人気なのが、先程も書きましたように芝生広場の東側になります。

ここは、隣にある陸上競技場の有料席のすぐそばなだけあって、特に大ナイアガラが最高によく見えます。

この場所を取りたいのなら、日が昇る前から待機するくらいの苦労が必要となりますね。

スポンサードリンク

 

これが板橋花火大会の有料席を購入する裏ワザ!

混雑を避けてゆっくり見たいのでしたら、有料席を購入したほうが断然いいですね。

板橋花火大会の有料席は、陸上競技場と芝生斜面に多数用意され、1人で座れるイス席から8人で座れるグループ席まであります。

こちらの有料指定席は、2016年6月25日(土)10時から販売が開始されます。

 

有料指定席は以下のうちのいずれかで購入可能です。

チケットぴあでのネット購入 (24時間)
セブン-イレブン (24時間)
サークルKサンクス (午前5:30から午前2:00まで)
板橋区観光協会窓口 (平日午前9時から午後5時まで)

 

しかし、有料席があるから当日はきっとゆったり見られる…と安心してもいられません。

なにせ毎年50万人以上もの人が訪れるイベントですから、指定席は販売開始とともに購入希望者が殺到します。

 

ここでとっておきの情報をお教えしますが、実は、有料席には一般販売の前に先行販売というのがあるんです。

今年、2016年の有料指定席先行販売は6月11日(土)から6月17日(金)までとなっています。

何としても有料席を押さえたいという方は、先行販売を狙ってみてはいかがでしょうか。

詳しくは、広報いたばし、または板橋区観光協会のホームページをチェックして下さい。

 

まとめ

2016年の板橋花火大会は、8月6日(土)の開催です。

無料の場所で場所取りをして見物するのでしたら早めに行くことが必要ですが、当日の朝からでないと場所取りはできないので気をつけて下さいね。

それと、河川敷の近くにはお店が少ないですから、必要な物は駅の近くで買ってから会場に行ったほうがいいですよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

-花火大会
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

四日市花火大会に車で行くなら混雑や交通規制 駐車場をチェック!

8月の下旬に開催される四日市花火大会を見に行きたいという方も多いでしょう。 スポンサードリンク 毎年4万人もの人が訪れるビッグイベントですから、期待も高まりますよね。   ですが、その一方で …

隅田川花火大会は初めて 何時に行けばいい?ゆっくり見れる場所は?

  7月には毎年恒例の夏の一大イベント、隅田川花火大会がありますね。 スポンサードリンク テレビでも中継される大注目の花火大会ですから、実際に見に行ったことのある人も多いでしょう。 まだ行っ …

隅田川花火大会のオススメ場所と穴場スポットはここ!

日本最古の歴史を持ち、日本一有名な花火大会と言っても過言ではないであろう隅田川花火大会。 スポンサードリンク 7月に行われるこの大会を実際に見に行かれる方も多いでしょうね。   でも、人気の …

多摩川花火大会2016の日程 打ち上げ場所 穴場は?

川崎市の市政記念行事として毎年8月に開催される、多摩川花火大会が今年も迫ってまいりました。 スポンサードリンク 8月の末に開かれるこのイベントは、付近の住民にとっては夏を締めくくる恒例行事。 音楽演奏 …

江戸川区花火大会2016の日程と穴場情報や場所取りのコツを紹介!

東京と千葉の境を流れる江戸川を舞台に行われる江戸川区花火大会。 スポンサードリンク 約140万人もの人々が訪れるこのイベントでは、およそ1万4千発もの花火が打ち上げられますが、音楽と花火のコラボや、5 …

Information

新着記事