くららく

生活に役立つ情報、暮らしの疑問の解決法、耳寄り情報、健康や美容に関する情報などをまとめています。

夏の観光・イベント

相模原納涼花火大会に車で行く場合の駐車場と道路の混雑具合は?

投稿日:2016年6月22日 更新日:

相模原納涼花火大会

相模川の水面を幻想的に染め上げる相模原納涼花火大会が、今年も迫ってきましたね。

毎年40万人近くの人が訪れるこの花火大会に、車で行こうと予定している方も多いかと思います。

 

ここでは、相模原納涼花火大会に車で行く場合、駐車場には何時ごろまでに着くようにすれば停められるのか、特設駐車場以外の車を停められる場所、行きと帰りの車の混雑具合、以上の3点について紹介します。

当日は道路が混雑しますから、車で行くのでしたら、何時頃までに到着するようにすればいいのかが、かなり重要ですよ。

スポンサードリンク

 

相模原納涼花火大会の駐車場には何時頃までに行けば停められる?

相模原納涼花火大会では、特設の駐車場が用意されます。

こちらは有料で、駐車場利用協力金として1000円がかかります。2500台程の駐車が可能なので、結構余裕がありますね。

 

この駐車場は午前8時から利用可能ですが、毎年、午後4時頃までなら停められる余裕があります。

ですが、周辺の道路が午後3時過ぎ頃から混雑するので、時間に余裕を持って、それよりも早く到着するようにしたほうがよいでしょう。

この辺りは交通が不便ですから、車で行くと大変です。できれば会場から離れた場所にも駐車場を設けて欲しいところです。

 

結構余裕のある駐車場とは言え、午後6時を過ぎると満車になってしまい、車を停めることはできなくなってしまいますのでご注意を。

 

駐車場の空き具合や周辺道路の混雑状況は、ラジオのエフエムさがみで放送されますので、当日はそちらをチェックすると便利ですよ。

エフエムさがみのダイヤルは、83.9MHzです。

 

相模原納涼花火大会で特設駐車場以外に車を停められる場所はここ!

特設駐車場以外の場所に車を停めたいという場合もあるかと思いますので、車を停められるおすすめの場所を紹介しますね。

 

おすすめの駐車場所 その1

上田名~大沢に通じる県道に『田名北小入口』の信号がありますが、そこを川の方に曲がって300メートル程行きます。

300メートル程行った辺りに自販機があるかと思いますので、それを目印にして下さい。

その右側に農道がいくつもあります。そこに車を停めて会場まで歩いて行くとスムーズですよ。

 

おすすめの駐車場所 その2

花火会場近くには工場があります。その辺りの道路に路駐して、会場まで徒歩で移動です。

こちらの場所は、花火大会が始まる2時間以上前には押さえておく必要があります。

花火が始まるまで屋台で時間をつぶすのがおすすめです。

 

スポンサードリンク

相模原納涼花火大会での車の混雑はどのくらいなの?

会場周辺の道路は一本道ですから、当日は本当に混雑します。

夕方に車で出発したのでは、着く頃にはもう花火大会は終わってしまっているかと思います。

それくらい混み合いますから、早めに到着するようにする必要がありますね。

会場周辺の交通規制は、午後6時から始まります。

 

また、花火大会が終わった後の帰りも、相当な混雑です。

駐車場から出るのでさえも、2~3時間もかかってしまう大渋滞が発生します。

特設駐車場は、A駐車場と、B・C駐車場の2箇所に分かれていますが、そのうちのB・C駐車場のC出口が比較的楽に出られるようです。

 

車で相模原納涼花火大会に行くのでしたら、行きはちょっと早すぎるくらいに到着するようにして、帰りは大混雑を覚悟する必要がありますね。

帰りの渋滞に巻き込まれたくなければ、花火見物は途中で切り上げて、早めに帰る必要があります。

 

ちなみに、花火大会終了後は、周辺道路のあちこちで飲酒検問をやっていますのでご注意を。

 

まとめ

相模原納涼花火大会の特設駐車場は午後4時頃までならスムーズに駐車できますが、周辺道路が午後3時頃から混雑しだすので、車で行くのでしたら、それよりも早く到着するようにする必要があります。

エフエムさがみ(83.9MHz)で、駐車状況や周辺道路の渋滞について放送されますので、そちらをチェックすると便利です。

 

特設駐車場以外では、少し離れた所の農道か、会場近くの工場の辺りに路駐するのがおすすめです。

 

帰りは大渋滞が発生して、特設駐車場から出るだけでも2~3時間かかりますので覚悟が必要です。

スポンサードリンク

花火大会終了後は、周辺道路のあちこちで飲酒検問をやっていますので注意して下さいね。

スポンサードリンク

-夏の観光・イベント
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

夏コミの暑さ対策にはこれを用意!長袖を着たり日傘を使うのは?

2次元が好きな人にとって、夏といったら海でも山でもなく夏コミ! スポンサードリンク 今年もあの、色んな意味で熱い夏の一大イベントがやってきましたが、初参加する人にとっては、どんな備えをしていけばいいの …

祇園祭山鉾巡行のコースと時間は?見所と見学場所もチェック!

スポンサードリンク 祇園祭といえば日本三大祭の一つに数えられているお祭りな上、1000年以上の伝統がありますから、一度は見ておきたいですよね。 祇園祭でも特に見ておきたいのは、山鉾巡行です。 &nbs …

鵜原海水浴場でバーベキューや磯遊びはできる?宿泊ならここ!

スポンサードリンク 鵜原海水浴場は「関東の沖縄」とも呼ばれるとても綺麗な海です。 夏の行楽に、鵜原海水浴場に行ってみたいと考えている方も多いのではないでしょうか。   ここでは、鵜原海水浴場 …

四日市花火大会に車で行くなら混雑や交通規制 駐車場をチェック!

8月の下旬に開催される四日市花火大会を見に行きたいという方も多いでしょう。 スポンサードリンク 毎年4万人もの人が訪れるビッグイベントですから、期待も高まりますよね。   ですが、その一方で …

花火大会 関東でのおすすめ 水中 水上花火やナイアガラならここ!

川辺や海辺で開催されることの多い花火大会、水を活かした演出も見逃せません。 スポンサードリンク 水中花火やナイアガラの滝といった、火と水の競演はとても美しく芸術的ですよね。 水面に映る絶景や、光の大瀑 …

サイト内検索