くららく

生活に役立つ情報、暮らしの疑問の解決法、耳寄り情報、健康や美容に関する情報などをまとめています。

健康・美容

白髪の原因 男性の場合は?対策にいい食事は?黒に戻るの?

投稿日:2016年12月29日 更新日:

白髪 原因 男性

白髪っていやですよね。老けて見えてしまいますし。

(白髪があると、7歳も老けて見えるのだとか)

私も若い頃から白髪が生えていたんですが、最近急に増えだしてしまって・・・。

 

ここでは、私自身も白髪をなんとかしたくて、男性の白髪の原因や対策をまとめました!

・男性の白髪の原因って何?

・白髪対策にいい食事だとこれが気になる!

・一度白髪になってしまった髪も黒に戻るの?

 

スポンサードリンク

白髪の原因って男性の場合は何なの?

まず気になるのは、男性が白髪になってしまう原因です。

ストレスが原因で白髪になるっていうのは特によく聞きますけど、あのウワサって本当なんでしょうか?

 

白髪になってしまう原因については、男性女性関係なくこんなことが挙げられます。

・ストレス

・老化

・栄養の不足

・生活習慣

・遺伝

 

ストレスって、やっぱり白髪の原因になるんですね。

私も、人間関係のストレスが強かったときに、側頭部や前髪付近に白髪が急に増えたので、たしかに納得いきます。

ちなみに、女性の場合だと、無理なダイエットなんかも栄養の不足やストレスを招いて、白髪の原因になりますね。

ストレス以外の原因ですと、老化っていうのは仕方ないですね。年を取ってしまうのはどうしようもないです^^;

 

栄養の不足というのは、一体どんな栄養が足りないと白髪を招くのかといいますと、こんなものが挙げられます。

・ヨード・・・髪を黒くしてくれるメラニン色素を作っているメラノサイトという所を活性化する働きがあります。

・チロシン・・・メラニン色素の原料になる栄養素です。

・銅ミネラル・・・チロシンが正常に働く手助けをします。

・カルシウム・・・メラニンの生成を促進します。

・ビオチン・・・メラニンの生成を促進します。

・亜鉛・・・黒い髪を保つために必要な栄養です。

・タンパク質・・・黒い髪を保つために必要な栄養です。

 

これらの栄養素がどんな食事に多く含まれるかについては、次の章で紹介しますね。

ここで注目したいのは、『メラノサイト』と『メラニン』という言葉です。

 

『メラノサイト』というのは髪の毛根にあって、ここで『メラニン色素』が作られます。

メラニン色素が髪を黒くしてくれるので、メラノサイトが正常に働いてくれないとメラニン色素が作られず、男性の白髪の原因になってしまうのです。

必要な栄養の不足がメラノサイトの働きを弱めてしまうのですね。

 

また、生活習慣によっても、メラノサイトの働きは弱ってしまいます。

不規則な生活や夜更かし、寝不足はいけないですし、喫煙や過度の飲酒もよくありません。

私は夜遅くに寝ることが多いので、良くないですね。

 

夜の10時から2時の間に寝ると、『成長ホルモン』というものが特に多く分泌されます。

成長ホルモンはアンチエイジング効果もあるホルモンで、男性の白髪の予防・改善にも効果が期待できますから、できるだけ早めに寝たいですね。

私の場合、白髪だけではなく薄毛の予防・改善も気になるところですし・・・^^;

 

遺伝というのも白髪に影響していると言われています。

特に、若いうちから白髪の多い人は、遺伝の影響が大きい可能性があるようです。

 

私は、中学生の頃から白髪が、特に後頭部に結構生えてたんですよね・・・^^;

親も若いうちから白髪が多かったんでしょうか? 幼いころの記憶をたどってみると・・・。

 

うちの父は、私くらいの年にはもう結構ハゲてましたね。

白髪はそんなになかったと思うんですが、上のほうがかなり薄くなってきていて、横から持ってきた毛をかぶせて隠してました。

もしかして、抜けちゃってたから白髪の本数も相対的に少なくなって、あまり目立たなかっただけかも?

(余談ですが、父はその後50代後半でかつらをかぶりだしたのですが、ホステスさんに『かつらをつけないほうが格好いい』と言われてかぶるのをやめました。それは絶対にお世辞です。笑)

 

母は、私くらいの年(40代)にはチョロチョロっと白髪が生えてた程度で、年相応だったんじゃないでしょうか。

白髪染めも使っていたみたいです。

 

両親とも、白髪だらけで年よりも老けてたってこともなかったと思うんですけどね。

まあ、若いうちから白髪が生えてたのが遺伝の影響なのかどうかなんてよくわかりませんし、遺伝が原因だと知ったところでどうしようもないですから、気にしないことにします。

 

ちなみに、若白髪が多いとハゲにくいともよく言われていますが、それは迷信みたいですね。

若白髪も薄毛も、同じものが原因になっています。

食生活(栄養不足)、生活習慣、ストレス、遺伝ですね。

ですから、若いうちから白髪が多いと、若いうちから薄毛にもなりやすいということになるのです。

若い頃から白髪が多かったけど薄毛ではないという場合は、単に発症の仕方の個人差によるもので、運が良かっただけなんですね。

 

若白髪だとハゲにくいというのは、こんな理由から言われるようになったようです。

・薄毛に悩んでいる男性には白髪が少ない人が多いから

・若白髪に悩んでいる男性は、その白髪を抜くので髪が増える。白髪を抜けば髪が増えて生えてくるのではないか

 

どちらも、ただの迷信です。

特に、髪を抜けば増えるなんてありえないですから、頭の毛をむしっちゃダメですよ(笑)

 

白髪対策にいい食事だと特にこれが良さそう!

前の章で、男性の白髪の原因の一つに『栄養不足』があるとお伝えしました。

どんな栄養が足りなくなると白髪を招くのか、もう一度おさらいしてみますね。

 

・ヨード・・・髪を黒くしてくれるメラニン色素を作っているメラノサイトという所を活性化する働きがあります。

・チロシン・・・メラニン色素の原料になる栄養素です。

・銅ミネラル・・・チロシンが正常に働く手助けをします。

・カルシウム・・・メラニンの生成を促進します。

・ビオチン・・・メラニンの生成を促進します。

・亜鉛・・・黒い髪を保つために必要な栄養です。

・タンパク質・・・黒い髪を保つために必要な栄養です。

 

これらの栄養素はどんな食材に多く含まれるのでしょうか?

 

実は、日々の食事でアナタも毎朝食べている(かもしれない)、あの食べ物が白髪の予防にとってもいいんです!

 

その食べ物というのは『納豆』です!

納豆には、チロシン、銅ミネラル、カルシウム、ビオチン、亜鉛、タンパク質が含まれています。

白髪予防にいい栄養が全部含まれているんですね。

 

しかも、納豆に『黒ゴマ』をかけて食べると、白髪予防の効果がさらにパワーアップ!

黒ごまには銅ミネラルが豊富に含まれるので、納豆の中にあるチロシンの働きを高めてくれるのです。

 

私はこれから、黒ゴマ納豆を毎朝食べることにします。

黒ゴマ納豆のことをもっと早く知っていれば・・・。

納豆って苦手な人も多い食べ物ですが、食べられる人はぜひ日々の食事に取り入れてみてください。


スポンサードリンク

白髪って黒に戻る可能性もあるの?

白髪が生えないように予防したいのはもちろんですが、すでに白髪になってしまった髪の毛も、できれば黒に戻って欲しいという思いもあります。

果たして、白髪が黒に戻る可能性ってあるんでしょうか?

 

これについては、ストレスが原因の白髪だったら再び黒に戻ることも可能です。

ストレスが原因の白髪の場合、一時的に髪の毛に栄養が行かなくなったことによるものなので、そのストレスが解消すればまた黒に戻ることもあるんですね。

髪に栄養が行かなくなると、メラニン色素を作っているメラノサイトの働きが衰えて、それで白髪になってしまうというわけです。

 

私も実際に、毛先のほうが白くて、根元のほうが黒い自分の抜け毛をたびたび見たことがあります。

それで、一度白髪になった髪がまた黒に戻ることもあるっていうのは知っていましたが、それってストレスが原因だったんですね。

 

一方、老化が原因の白髪だとどうなのかといいますと、黒く戻るのはかなり難しいようです。

加齢によってメラノサイトの機能が低下してしまっているので、ストレス解消のように、容易に原因を取り除くことができないからです。

 

でも、可能性がまったくないというわけではなくて、食事や生活習慣、適度な運動や睡眠によって黒く戻ることもあるようですよ。

ようは、若さと健康のためにいい生活をするということですね。

白髪の改善にいい生活を心がけていれば、髪に限らず、体全体の若さと健康を保つのに効果がありそうです。

 

それで年をとっても若々しくいられるようになれるのなら、白髪が生えてかえってよかったのかも。

・・・と思えるように、今日から毎日運動しようと思います。

私、運動不足なんですよ^^;

若い頃も、運動なんて体育の授業くらいでしたし。

この白髪は、『そんな不摂生な生活してたら長生きできんぞ』っていう警告なのかもしれません。

 

まとめ

男性の白髪の原因としては、以下のものが挙げられます。

 

・ストレス

・老化

・栄養の不足

・生活習慣

・遺伝

 

ストレスはできるだけ発散するようにして、睡眠や食事などの生活習慣にも気をつけましょう。

 

白髪の予防のために重要な栄養は、こちらの7つです。

 

・ヨード・・・髪を黒くしてくれるメラニン色素を作っているメラノサイトという所を活性化する働きがあります。

・チロシン・・・メラニン色素の原料になる栄養素です。

・銅ミネラル・・・チロシンが正常に働く手助けをします。

・カルシウム・・・メラニンの生成を促進します。

・ビオチン・・・メラニンの生成を促進します。

・亜鉛・・・黒い髪を保つために必要な栄養です。

・タンパク質・・・黒い髪を保つために必要な栄養です。

 

納豆に黒ごまをかけて食べれば、これらの栄養を一度にとれますから特にオススメですよ。

スポンサードリンク

ぜひ、毎日の食事に取り入れてみてください。

スポンサードリンク

-健康・美容
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

ビタミンCはストレスに効果あるの?必要量と上手な取り方は?

仕事や人間関係などで日々ストレスに晒されている方も多いかと思います。 スポンサードリンク そんな方におすすめなのがビタミンC! ストレスへの抵抗力をつけるためにはビタミンCを多く取ることが有効です。 …

子供 歯ぎしり 3歳 夜中 原因 ストレス

子供の歯ぎしり 3歳児が夜中や昼間にする原因はストレス?影響は?

スポンサードリンク 3歳くらいの子供が、夜中や昼間にギリギリ、カリカリと歯ぎしりしてるのは心配ですよね。   歯がすり減るなどの影響はないのでしょうか? もしかして、歯ぎしりする原因はストレ …

紫外線対策にいい食べ物はこれ!このビタミン・栄養が効果あり!

日差しが気になる季節になりましたね。 スポンサードリンク 日焼け止めを塗ったり、日傘をさしたり、帽子をかぶったりと、色々と紫外線対策をしている方も多いでしょう。   でも、紫外線対策というの …

髪を太くするシャンプーはどれ?細い髪になってしまう原因は何?

髪が細くなってしまうと、ボリュームがなくなってしまってペタッとなってしまうだけではなく、全体的に髪が薄くなったように見えて気になるんですよね。 スポンサードリンク 果たして、細くなってしまった髪をシャ …

まぶたの痙攣が止まらない 片目だけの原因は病気?何科に行くの?

まぶたが突然ピクピクっと痙攣するっていう症状は、よくあることですよね。 スポンサードリンク ちょっとくらいだったら特に気にならないのですが、それがしょっちゅうで、止まらないなんてことになると、何かの病 …

サイト内検索