くららく

生活に役立つ情報、暮らしの疑問の解決法、耳寄り情報、健康や美容に関する情報などをまとめています。

夏の観光・イベント

仙台七夕祭り中は新幹線も混む?格安で乗る方法は?帰りの混雑は?

投稿日:

仙台七夕祭りに新幹線を使って行きたい場合、新幹線の混雑状況が気になりますよね。

 

ここでは、次の3つの情報についてまとめています。

・関東の東京や大宮などから新幹線で仙台に向かう場合、混雑はどうなのか。

・新幹線は、指定席がいいのか、自由席でも行けるのか

・新幹線で仙台まで行く格安の方法は?

スポンサードリンク

仙台七夕祭りに新幹線で行く場合の混雑状況は?

仙台七夕祭り期間中の新幹線は、やっぱり混雑します。

東京から新幹線に乗るにしても、高崎あたりから大宮に出て新幹線に乗るにしても、混雑は避けられないですね。

 

新幹線で関東から仙台まで行くのでしたら、やまびこか、はやてを利用することになりますが、指定席を押さえるか自由席を狙うかで、どちらを選べばいいのかが違ってきます。

 

はやては全席指定席で自由席はありませんが、やまびこには自由席もあります。

仙台七夕祭り期間中は、特に、自由席のあるやまびこが午前中に相当混雑しますよ。

 

東京駅から新幹線に乗るのでしたら、始発ですから、早めに並べばやまびこの自由席が狙えます。

ちなみに、やまびこは、つばさと併結して東京駅を出発し、福島駅で解結されて、やまびこは仙台、盛岡方面へ、つばさは山形方面へ向かいます。

 

指定席を押さえておけば安心ですから、その場合は全席指定のはやてか、やまびこの指定席を狙いましょう。

でも、指定席は旅行会社が一斉に押さえてしまいますから、確実に取れるわけではないです。

指定席が売り切れていたら、やまびこの自由席を狙うのがいいでしょう。

 

新幹線で仙台七夕祭りに行く格安の方法ならコレ!

新幹線で仙台七夕祭りに行く場合の格安でお得な方法ですが、土日にかけて行くのでしたら『週末パス(ウィークエンドパス)』を利用すると安上がりになります。

(※ウィークエンドパスは、週末パスに名称が変更されました)

 

ご存じない方のために説明しますと、週末パスというのは、土日の2日間に限って宮城県と山形県以南のJR東日本の路線が乗り放題になる切符です。

(※週末パスは、ゴールデンウィークとお盆の期間中は、土日であっても利用できません)

 

新幹線特急券も買えば、新幹線にも乗車できますよ。

東京-仙台の区間だけでなく、山形や新潟などへの区間も土日だったら利用できます。

ただし、東海道新幹線では利用できませんのでご注意を。

 

JR線は乗り放題ですから、仙台七夕祭り以外の場所にも足を伸ばすのでしたらお得ですし、週末パスは子供用の価格がすごく安いですから、家族連れの場合は更に格安で行けますね。

 

週末パスの値段は、大人が8,730円、子供が2,560円です。

(週末パスの値段についての最新情報は、JRの公式サイトなどでチェックしてください)

週末パスは、JR東日本の駅窓口や券売機で購入できますよ。

 

仙台七夕祭りは毎年8月6日から8月8日にかけての3日間開催されていますから、2016年は初日の8月6日が土曜日で、週末パスを利用するのにちょうどよかったですね。

2017年は、七夕祭り初日の8月6日が日曜日なので、観光スケジュールによっては、週末パスは使いづらいでしょう。

 

土日にかけて行くわけではないから、週末パスを使っても得ではないという場合は、JRの『えきねっと』に登録した上で、『トクだ値』や『お先にトクだ値』を利用すると節約できますよ。

 

えきねっとというのは、インターネットで新幹線の指定席切符の申込みなどができるサービスです。

会員登録には、クレジットカードが必要になります。

 

東京-仙台間でえきねっとを利用できるのは、基本的にやまびこのみですね。

乗車日の1ヶ月~2週間前に予約しないといけない『お先にトクだ値』でしたら、30%~35%も割引されるので、かなり格安です。


スポンサードリンク

仙台七夕祭りの帰りの新幹線の混雑は?

仙台七夕祭りを楽しんだ後に、仙台から東京方面へ帰る場合の混雑ですが、帰りもやっぱり新幹線は混雑しますね。

仙台七夕祭り期間中は、行きも帰りも混雑は避けられません。

自由席は仙台駅からすでに満席の可能性が高いです。

 

とはいえ、帰りの新幹線が20時以降でしたら、混雑のピークは過ぎていると思いますよ。

 

まとめ

仙台七夕祭り期間中の新幹線は、行きも帰りもとても混雑します。

やまびこや、はやての指定席を押さえられれば安心ですが、指定席が無理だったら、やまびこの自由席を狙うしかないですね。

(始発の東京駅で、早めに並べれば狙いやすいんですけど)

スポンサードリンク

新幹線の料金を節約したいなら、土日の2日間に使える週末パスや、えきねっとを利用するといいですよ。

スポンサードリンク

-夏の観光・イベント
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

江戸川区花火大会2016の日程と穴場情報や場所取りのコツを紹介!

東京と千葉の境を流れる江戸川を舞台に行われる江戸川区花火大会。 スポンサードリンク 約140万人もの人々が訪れるこのイベントでは、およそ1万4千発もの花火が打ち上げられますが、音楽と花火のコラボや、5 …

板橋花火大会 2016の日程と見る場所 有料席購入の裏ワザを紹介!

スポンサードリンク 大ナイアガラや大スターマインなど、見応え充分の花火が鑑賞できる板橋花火大会が今年も開催されます。 東京都内で開催される花火大会としては最大の1尺五寸の打ち上げ花火や、全長700メー …

天神祭の花火の時間と場所は?穴場スポットってあるの?

スポンサードリンク 大阪天満宮で行われる天神祭の見所といったら、何と言っても神様へのお供えである、天神祭奉納花火でしょう。 4000発もの花火が打ち上げられる様は圧巻ですから、是非生で鑑賞したいですよ …

隅田川花火大会のオススメ場所と穴場スポットはここ!

日本最古の歴史を持ち、日本一有名な花火大会と言っても過言ではないであろう隅田川花火大会。 スポンサードリンク 7月に行われるこの大会を実際に見に行かれる方も多いでしょうね。   でも、人気の …

祇園祭山鉾巡行のコースと時間は?見所と見学場所もチェック!

スポンサードリンク 祇園祭といえば日本三大祭の一つに数えられているお祭りな上、1000年以上の伝統がありますから、一度は見ておきたいですよね。 祇園祭でも特に見ておきたいのは、山鉾巡行です。 &nbs …

サイト内検索