生活に役立つ情報、暮らしの疑問の解決法、耳寄り情報、健康や美容に関する情報などをまとめています。

夏の行事

そうめんを七夕に食べる由来は?メニューで簡単なのとおかずは?

投稿日:

そうめん

7月7日は七夕ですね。

笹を飾って短冊に願い事を書いて・・・ってことまではしないものの、何もしないっていうのも、ちょっと寂しいものです。

せめて、夕飯くらいは七夕っぽくしようかなと考えると、やっぱり素麺(そうめん)になりますでしょうか?

 

でも、どうして七夕にそうめんを食べるんでしょうか。

ここでは、七夕にそうめんを食べるようになった由来と、おすすめの簡単七夕メニュー、そうめんにプラスするのにオススメのおかずを紹介します。

スポンサードリンク

そうめんを七夕に食べるようになった由来って何?

七夕というとそうめんですけど、どうです? そうめんって好きですか?

 

私なんかは、子供のころの夏休みの昼ごはんがほぼそうめんだったせいで、そうめんはトラウマ気味に嫌いだったんですよね。

年をとってからちょっと好きになりましたけど。

そうめんってお中元でもらったりするから、夏休みはそうめん漬けになるのも致し方なかったんでしょうけどね。

 

それでも、どうせだったら七夕の行事食はそうめんじゃなくて、夏らしくバーベキューとか肉中心のメニューがよかったです。

バーベキューって河原でもするものですし、天の川のほとりで織姫と彦星がバーベキューやってもいいと思うんですよ。

(家庭じゃやりにくいから、焼き肉でも可とします)

 

七夕に限らず、日本の季節の行事に食べるものって地味ですよね。昔は肉を食べなかったとか、今のような飽食の時代じゃなかったってせいもあるんでしょうが。

クリスマスは、チキンとかケーキとか食べられていいですよね・・・。

 

 

冗談はさておき、七夕にそうめんを食べる由来です。

 

七夕は元々中国の風習で、そちらでは「索餅(さくべい)」という小麦料理を食べていたのだそうです。

7月7日に索餅を食べると、その年を無病息災で過ごせると言い伝えられていたのだとか。

その風習が奈良時代に日本に伝わり、宮中行事として行われるようになりました。

 

そこからだんだんと一般にまで七夕の習慣は広まっていき、索餅はそうめんへと変化していったのです。

そうめんも小麦ですものね。

 

察しの付いている人もいるでしょうが、そうめんを天の川に見立ててそうなったという説もあります。

他にも、暑くて食欲がなくても食べやすいから、という説もあるようです。

 

まあ、気持ちはわかりますけど、どうせならバーベキュー(もしくは焼き肉)に変化させておいて欲しかったです。

索餅(≠そうめん)を食べても、無病息災になれる気があまりしません。

スタミナ料理ってわけじゃないですし。

 

ところで、暑くて食欲がなくても食べやすいっていう説はちょっと疑問じゃありませんか?

7月7日って、夏本番はまだこれからっていう時期ですし、その時点でもう夏バテしてるって、ちょっと早いですよね。

 

実は、昔の七夕って、今の7月7日じゃなかったんですね。

旧暦での7月7日になりますから、いまの7月7日よりも1ヶ月ほど遅くなるんです。

 

旧暦での2018年の七夕は8月17日、2019年は8月7日、東京オリンピックが開催される2020年は8月25日になります。

その時期だったら、「夏バテして食欲ないから、そうめんでいいわ・・・」ってなるのも納得ですね。

 

ともかく、1年に1度の行事ですし、せっかくですから七夕の日のご飯はそうめんにしましょうか。

 

七夕のメニューで簡単なものならこれはどうでしょう?

今日は七夕だからそうめんにしようかしらと思っても、夏休みの昼ごはんみたいに、そうめんだけをポンと出すのも味気ないですよね。

子供が喜ぶどころか、げんなりする顔が目に浮かびます。

(色付きのそうめんを発見して興味津々になる可能性もありますが)

 

どうせそうめんにするんだったら、七夕らしく演出したいものです。

 

でも、クリスマス料理みたいに気合を入れるのも面倒くさいですよね。

クリスマスツリーみたいに、笹を飾って短冊をぶら下げるほど七夕に気合を入れる人も少ないでしょうし。

 

そこで、簡単で、なおかつ七夕らしいメニューを紹介しますね。

 

七夕といえば織姫と彦星ですから、やっぱり星をイメージした盛り付けがいいでしょう。

というか、必然的にそうなりますよね。

それ以外の七夕料理があるでしょうか?

 

そうめんを天の川に見立てて、茹でたニンジンや薄焼き卵を星型にくり抜いて浮かべれば、夏休みのトラウマそうめんが、七夕気分満載の行事食に早変わり!

これなら簡単にできますよね。

 

ニンジンや薄焼き卵以外にも、さくらんぼや缶詰みかんなんかを浮かべてもいいでしょう。


スポンサードリンク

七夕にそうめんを食べるなら おかずは何がいい?

星型にくり抜いた物などを添えて七夕気分を演出するとはいえ、夕飯がそうめんだけっていうのも物足りないですよね。

私としては焼き肉も欲しいところですが、それだと七夕だか何だかわからなくなるでしょうから、焼き肉以外のおかずも提案しますね。

 

そうめんが主食でしたら、おかずはかぼちゃの煮物なんかでどうでしょう?

他にも、豚肉とナスの炒めものとか、天ぷらなどのこってりしたおかずもいいですよね。

そうめんがあっさりしているので、おかずはこってり系のものがいいのではないでしょうか。

 

食べ盛りのお子さんがいるなら、手巻き寿司なんかもいいと思いますよ。

果たして手巻き寿司がおかずなのかどうかについては、疑問も生じるかもしれませんが。


スポンサードリンク

まとめ

七夕にそうめんを食べるようになったのは、古代の中国で七夕の日に『索餅(さくべい)』という小麦料理を食べていたことに由来します。

その風習が日本に伝わってから、そうめんへと変化していったのですね。

 

七夕にそうめんを食べるのでしたら、星型にくり抜いたニンジンや薄焼き卵などを浮かべるだけも簡単にそれっぽいメニューになりますよ。

おかずには、炒め物とか天ぷらのようなこってりしたものを添えるのがいいと思います。

スポンサードリンク

-夏の行事

執筆者:

関連記事

七夕 なぜ 漢字

七夕はなぜ漢字でこう書くの?なぜ願い事をする?なぜ笹の葉を飾る?

7月7日は七夕ですけど、どうして「七夕」って書いて「たなばた」って読むんでしょうね? 普通、こうは読まない漢字だと思うんですけど、よくよく考えると謎です。   ここでは、漢字の謎とともに、七 …

お盆とは期間はいつ?そもそも何か?飾りのなすときゅうりの置き方は

スポンサードリンク お盆には田舎に帰省したり、迎え火や送り火を焚いたりするお宅も多いでしょうが、そもそもお盆とはどういう行事なのでしょうか? 旧盆などという言葉もあって、お盆って一体いつからいつまでの …

大文字焼きの文字の意味 過去には犬文字焼きになったことも!

京都市で毎年8月16日に行われる大文字焼きといえば、あの「大」の字が特に有名ですよね。 スポンサードリンク 大の字以外にも、船の形や鳥居の形をかたどった物もあって、あれらはどうしてなんだろうと、その意 …

七夕の行事食 離乳食のそうめんやデザートならこれがおすすめ!

七夕にはちょっとした特別な料理を作って楽しみたいものです。 スポンサードリンク 特に、生まれたばかりの赤ちゃんにとっては、七夕は初めてのイベントだったりしますものね。   離乳食も後期になり …

地蔵盆とはどういう風習なの?由来は?どんなイベントをやるの?

スポンサードリンク 地蔵盆という風習がありますが、全国的に有名というわけではないようですから聞いたことがないという方も多いかもしれませんね。 地蔵盆って、一体どんな事をする風習なのでしょうか? 今回は …

Information

新着記事