生活に役立つ情報、暮らしの疑問の解決法、耳寄り情報、健康や美容に関する情報などをまとめています。

夏の行事

七夕の短冊の願い事 幼稚園児は何を書く?親は?書き方は?

投稿日:

七夕 短冊 願い事 幼稚園

7月7日の七夕が近くなると、幼稚園に通っている子供が短冊をもらってくるんですよね。

 

願い事を書いて笹につるす短冊には、幼稚園の子供の場合、どんな事を書けばいいのでしょうか?

親の願い事も書く場合は? 書き方は?

 

ここでは、こんな疑問の答えをまとめています。

スポンサードリンク

七夕の短冊の願い事 幼稚園では何を書けばいい?

まず、幼稚園児の子供の場合ですが、一番いいのは子ども自身の願い事を聞いて、それを短冊に書いてあげることですね。

 

でも、それくらいの年頃の子供だと、しっかりした願い事はまだわからないものです。

特に、3歳の年少さんだと、おかしなことも言いますよね。

カエルになりたいとか、シイタケになりたいとか(笑)

他にも、お寿司を食べたいとか、幼稚園くらいの子供に聞くとユニークな答えが返ってきます。

 

4歳、5歳、6歳の年中さん、年長さんくらいになると、プリキュアになりたいとか、仮面ライダーになりたいとか、ケーキ屋さんになりたいとか、もうちょっとしっかりしてくるんですけどね。

幼稚園くらいだと、何になりたいかっていう願い事が多いようです。

 

ですから、お子さんがそういう願い事を言ったとしても、「こんなことを短冊に書いたらおかしいんじゃないかしら?」なんて不安に思うことはないですよ。

それを短冊に書いてあげるといいでしょう。

 

お子さんの願い事があまりにもおかしかったりするなら、「パパは〇〇ってお願いするんだー」とか、「ママはお料理が上手になりますようにってお願いするんだよ」とか話して、子供の願い事をいい方に誘導してあげるのもいいと思います。

 

 

子供に七夕の願い事を聞いても、分からないとしか言ってくれないなら、

「サッカーがじょうずになりますように」とか、

「おともだちとなかよくあそべますように」とか、

子供への親の願いを代わりに書いてあげるといいですよ。

 

幼稚園からもらってきた短冊に親は何を書けばいいの?

幼稚園の七夕の短冊って、子供だけではなく親の願い事を書く場合もありますよね。

親は短冊に何を書けばいいのでしょうか。

 

これは、基本的には子供への親の願い事を書けばいいですよ。

 

例えば・・・

「〇〇(お子さんの名前)が病気をしないで幼稚園に通えますように」

「〇〇(お子さんの名前)がお友達と仲良く遊べますように」

「いつも元気に笑顔で過ごせますように」

「家族がみんななかよく暮らせますように」

 

親の願い事の最後に、「ママより」とか「パパより」とか書いておいてもいいでしょう。


スポンサードリンク

短冊の願い事の書き方は?

幼稚園からもらってきた短冊の願い事の書き方ですが、お子さんの願い事はひらがなで書いてあげるのがいいと思います。

 

「〇〇になれますように △△(お子さんの名前)」

といった感じの書き方でいいでしょう。

親の願い事は漢字でも平仮名でもいいのではないでしょうか。

 

他に短冊の書き方で気をつけることというと、短冊は縦書きが基本ということくらいですね。

 

あとは、これは幼稚園によって方針が異なるでしょうが、聞いた話では、短冊にイラストなどの願い事以外のことを書くのはNGという所もあるようです。

まだ十分に読み書きのできない子供のために、子供が自分の短冊を見つけられるように可愛い絵を書いておいたら、子供が先生に注意されて、その短冊を返されたらしいですよ。

 

そこまですることはないんじゃないかと思いますけど、子供が嫌な思いをしたら可愛そうですし、念のためお気をつけください。


スポンサードリンク

まとめ

幼稚園の子供の願い事を七夕の短冊に書くなら、子供の願い事を聞いて、

「〇〇になれますように △△(お子さんの名前)」という書き方で書いてあげましょう。

 

お子さんの願い事が分からないなら、

「サッカーがじょうずになりますように」とか、

「おともだちとなかよくあそべますように」

といった願い事を代わりに書いてあげましょう。

 

短冊に書く親の願い事は、子供への親の願いですね。

例えば・・・

「〇〇(お子さんの名前)が病気をしないで幼稚園に通えますように」

「〇〇(お子さんの名前)がお友達と仲良く遊べますように」

「いつも元気に笑顔で過ごせますように」

「家族がみんななかよく暮らせますように」

こういう事を書いて、「ママより」とか「パパより」なんて書き添えておく書き方でいいですよ。

スポンサードリンク

-夏の行事
-

執筆者:

関連記事

そうめん

そうめんを七夕に食べる由来は?メニューで簡単なのとおかずは?

7月7日は七夕ですね。 笹を飾って短冊に願い事を書いて・・・ってことまではしないものの、何もしないっていうのも、ちょっと寂しいものです。 せめて、夕飯くらいは七夕っぽくしようかなと考えると、やっぱり素 …

大文字焼きの文字の意味 過去には犬文字焼きになったことも!

京都市で毎年8月16日に行われる大文字焼きといえば、あの「大」の字が特に有名ですよね。 スポンサードリンク 大の字以外にも、船の形や鳥居の形をかたどった物もあって、あれらはどうしてなんだろうと、その意 …

七夕の願い事 保育園の0歳1歳の子の短冊は何を書く 喋るのは何歳?

子供を預けている保育園でも7月になると七夕をやりますけど、願い事を書いてくださいって短冊を渡されるんですよね。 スポンサードリンク   でも、0歳や1歳のまだお喋りできない子供だと、もちろん …

七夕 なぜ 漢字

七夕はなぜ漢字でこう書くの?なぜ願い事をする?なぜ笹の葉を飾る?

7月7日は七夕ですけど、どうして「七夕」って書いて「たなばた」って読むんでしょうね? 普通、こうは読まない漢字だと思うんですけど、よくよく考えると謎です。   ここでは、漢字の謎とともに、七 …

きんぎんすなご 軒端に揺れる 五色の短冊の意味と竹と笹の違いは?

七夕というと、願い事を書いた短冊を笹に飾ったりもしますが、あの歌もよく聞きますよね。 笹の葉 サ~ラサラ♪ っていうあの歌。 スポンサードリンク あの歌に出てくる『きんぎんすなご』とか『軒端に揺れる』 …

Information

新着記事