生活に役立つ情報、暮らしの疑問の解決法、耳寄り情報、健康や美容に関する情報などをまとめています。

春の行事

こどもの日の由来を子供向けに説明!菖蒲湯とちまきの由来って何?

投稿日:2016年3月8日 更新日:

5月5日は端午の節句、こどもの日ですね。

男の子のいるご家庭では、柏餅やちまきを食べたり、菖蒲湯に入ったりするのではないでしょうか。

こいのぼりを飾るお宅もあるかもしれませんね。

 

でも、それらの由来を子供向けにわかりやすく説明しようとすると、ちょっと困ってしまいませんか?

ここでは、大人でもよく知らないかもしれない、こどもの日の習慣の由来についてご説明しますので、お子さんに説明する際の参考にして下さい。

スポンサードリンク

 

こどもの日の由来を子供向けにわかりやすく説明するには?

小さいお子さんの場合、起源や由来といった話をすると、ちょっと難しすぎて理解できないかもしれませんね。

 

いつもは食べることのない、ちまきや柏餅といった食べ物や、五月人形などの飾り、そして菖蒲湯を見れば何か特別な日だということはわかるでしょうが、その意味を教えようとすると、どう説明すればいいのか困ってしまいますよね。

 

そういった小さいお子さん向けのわかりやすい説明の仕方としては、このようにお話してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事に書きましたので、よろしければ参考にしてみてください。

『こどもの日の由来は子供にこう説明!柏餅のいわれとこいのぼりの意味』

 

こどもの日に菖蒲湯に入るようになった由来って何?

syoubuyu

こどもの日に菖蒲湯に入るようになった由来は昔の中国にありました。

中国では、季節の変わり目の5月頃は体調を崩しやすいということで、病気予防のために菖蒲湯に入ったり、菖蒲酒を飲んだりする習わしが昔からあったそうです。

 

昔の日本でも、菖蒲には邪気をはらう力があると信じられていて、5月には、菖蒲の葉を軒に挿して災いを避けようとする習慣がありました。

元々菖蒲に特別な力があると信じられていた日本に、中国の菖蒲湯の習慣が端午の節句の風習と結びついて伝わったのです。

 

端午の節句の風習は平安時代には一旦廃れてしまったそうですが、鎌倉時代になり、武士の世の中になって復活します。

菖蒲が尚武(武道を尊ぶこと)に通じるということで、武士の間で菖蒲湯や菖蒲酒の風習が再び注目を浴びたのです。

 

江戸時代には端午の節句の風習は庶民にも広まり、菖蒲湯も一般的になりました。

それが現在にまで伝わって、こどもの日には菖蒲湯に入るようになったのですね。

スポンサードリンク

 

こどもの日にちまきを食べるようになった由来は?

timaki

こどもの日にちまきを食べるようになった由来も中国です。

 

昔、今から2300年ほど前の中国に、屈原(くつげん)という人がいました。

屈原は国王に側近として使えた詩人だったのですが、彼は陰謀によって国王からの信任を失い、失脚してしまいます。

屈原は国の行く末に失望し、川に身を投げて自ら命を断ってしまいました。その日が5月5日だったのです。

 

人々は彼の死を悼み、川底に沈んだ彼の亡骸が魚に食べられないよう、太鼓を叩いて魚を追い払い、また、お供え物を川に沈めて弔いをしました。

屈原は、正義感が強く、国を思う心の強い人だったので、多くの人に慕われていたのです。

 

しかし、人々が川に投じた供物も、龍に食べられてしまって屈原のところまで届きません。

そこで人々は、楝樹(れんじゅ)の葉でもち米を包み、それを赤・青・黄・白・黒の五色の色の糸で巻いて川に投げ入れました。

楝樹(れんじゅ)の葉は龍が苦手にしていて、赤・青・黄・白・黒の五色には邪気をはらう力があるからです。

そうしたところ、供物は屈原のところへ届くようになったそうです。

 

それ以来中国では、5月5日にちまきを食べて災いを避けようとするようになりました。

その風習が端午の節句とともに日本に伝わって、5月5日のこどもの日にちまきを食べるようになったのです。

 

ちなみに、ちまきを結ぶのに使われた糸の、赤・青・黄・白・黒の五色は、こいのぼりの吹き流しの色に名残を残しています。

fukinagasi

あの吹き流しも、元々は赤・青・黄・白・黒の五色だったそうです。吹き流しの色にも、子供に災いが降りかからないようにという願いが込められているのですね。

 

柏餅とこいのぼりの由来についてもまとめましたので、よろしければそちらも参考にしてください。

『こどもの日の由来は子供にこう説明!柏餅のいわれとこいのぼりの意味』

 

まとめ

今まで、こどもの日の風習の由来については深く考えずに、ちまきを食べたり、菖蒲湯に入ったりしていた人も多いのではないでしょうか。

風習の由来や、そこに込められた意味を知ることで、よりいっそう季節の行事を楽しむことが出来ます。

スポンサードリンク

 

家族でちまきを食べる一家だんらんや、一緒に菖蒲湯に入った時に、その由来について、お子さんにお話してあげてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

-春の行事
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

菖蒲湯 どこで買う 菖蒲 価格 保存

菖蒲湯はどこで買うの?菖蒲の価格と保存方法は?

5月5日の端午の節句(子供の日)には、男の子のいる家庭では五月人形を飾ったり、柏餅を食べたりしますよね。 お風呂に菖蒲を浮かべて、菖蒲湯に入ったりもします。   でも、その菖蒲ってどこで買う …

鯉のぼり2018年はいつ出す いつまで飾る 雨の日は片付ける?

5月5日の端午の節句(こどもの日)といったら、『屋根より高い 鯉のぼり~♪』の歌でもおなじみの鯉のぼりの出番ですね。 でも、鯉のぼりを出すのは、端午の節句当日よりもずっと前。 5月に飾るのではないのな …

雛人形 並べ方 関西 写真 逆

雛人形の並べ方 関西では?写真で全部確認!関東と逆なのはなぜ?

雛人形のお内裏様とお雛様って、関西と関東だと並べ方が逆なんですよね。 スポンサードリンク 関西では、お内裏様は右でしたっけ? 左でしたっけ? ここでは、こんなお悩みの答えをまとめています。 &nbsp …

入学祝いのお返しのマナー 必要?どんな品物がいい?いつ送るの?

4月は新学期。お子さんが小学校に入学したり、中学校、高校、大学に進学したというお宅も多いでしょうね。 スポンサードリンク   子供が入学をすると、両親や兄弟、親戚などから入学祝いをもらったり …

初節句の男の子 五月人形はいつ飾る?料理のおもてなしや内祝いは?

5月の端午の節句、男の子が生まれたお宅では初節句ですね。 男の子が元気に成長することを願って行う行事ですから、お父様やお母様はもちろん、両家のご両親も楽しみにされているのではないでしょうか。 スポンサ …

Information

新着記事