くららく

生活に役立つ情報、暮らしの疑問の解決法、耳寄り情報、健康や美容に関する情報などをまとめています。

夏に気になること

夏のお弁当に生野菜はダメ?食中毒予防のための保存方法は?

投稿日:2016年3月23日 更新日:

bento

夏は暑さで食品が傷みやすい季節。特にお弁当は、常温で長い時間置いておくから心配ですよね。

自分で食べるための物だけでなく、ご主人やお子さんに持たせるお弁当も、この時期は注意が必要です。

 

ここでは、お弁当で食中毒にならないための対策を紹介しますので、お腹を壊したりしないようにしっかりチェックしてくださいね。

スポンサードリンク

夏のお弁当に生野菜を入れるのはやめておいたほうがいい?

結論から言いますと、傷みやすいので夏のお弁当に生野菜は入れないほうがいいです。

 

野菜を入れたいのでしたら温野菜にしましょう。

温野菜をお弁当に入れる場合は、一度冷ましてから入れるようにして下さい。

温かいものと冷たいものを一緒に入れると傷みやすくなるからです。冷蔵庫で冷ましてからお弁当に入れましょう。

 

同様の理由で、冷凍食品を入れる場合も、レンジで解凍した後、冷ましてから入れたほうがいいですよ。

 

冷凍食品には、レンジでチンせずに凍ったままお弁当箱に入れておくと、食べる頃にはちょうどよく溶けているという商品もありますから、そういったものを利用してもいいですね。

冷凍食品の野菜もそのまま入れて大丈夫。手間が省ける上、冷凍食品が保冷剤代わりにもなって一石二鳥です。

 

夏のお弁当のおすすめ食中毒予防法

先ほど挙げた対策以外の食中毒予防法としては、こんなものがあります。

 

・抗菌シートを使う

スーパーだけではなく、100円ショップでも見かけますよね。お弁当が傷みにくくなるとのこと。

 

・抗菌作用のある物を使う

ご飯をすし飯にしたり、青じそを入れたり、お弁当箱の蓋の内側にわさびを薄く塗ったりすることでも抗菌効果を望めます。

ちなみに、抗菌シートにもわさびの成分が使われています。すし飯に使うお酢にも殺菌作用がありますね。

 

・保冷剤を使う

ケーキなどを買った時についてくる、あの保冷剤をお弁当箱と一緒に入れておけば食品の傷み対策になります。

 

・冷蔵庫で保存

職場に冷蔵庫が置かれている、という人もいらっしゃるのではないでしょうか。

会社に持っていくお弁当の場合、職場に冷蔵庫があるのでしたら、そこに入れておけばいいですね。

 

 

温かいものと冷たいものを一緒に入れないようにする、温かいものは冷ましてから入れる、冷凍食品を保冷剤代わりにそのまま入れるという方法以外にも、以上のような食中毒予防法があります。

 

それ以外の対策としては、お弁当箱をしっかり洗うこと、食品にはしっかり火を通すということが挙げられます。

お弁当箱の角には汚れが残りやすいですし、肉や魚といった生ものには特にしっかりと火を通すことが必要です。

プチトマトのヘタも、菌が繁殖しやすいので取り除きましょう。

 

お弁当箱の中に水滴がつくと菌が繁殖するのではないかと心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、それは関係ありませんのでご安心を。

細菌は、お弁当箱の中の食品に含まれる栄養分を食べて繁殖しますが、栄養分と同時に必要とする水分は、初めからその食品の中に含まれていますから関係ないのです。

スポンサードリンク

 

夏のお弁当 保存方法

これらの対策をとっても、夏にお弁当を常温で何時間も置いておくのが不安という方もいらっしゃるでしょうか。

 

参考までに私の経験を紹介しますと、子供に持たせるお弁当は朝7時頃に作って、教室のロッカーに置いておき、昼に食べても、今までお腹を壊したとかは一度もありません。

冷房のある教室ではありませんから夏の教室は30度を軽く超えるでしょうが、それでも問題ないですね。

 

別にうちの息子(高校生)は鋼の胃袋の持ち主というわけではありません。腐ったものを食べさせたら、普通に倒れると思います(笑)

 

保冷剤を一緒に入れるということはせず、温かいものは冷ましてから入れるとか、冷凍食品をそのまま入れておくとかするだけですから、常温保存に関しては、そこまで神経質にならなくてもよいでしょう。

 

ただ、夏の炎天下で、お弁当を車の中に何時間も置いておくというのは注意が必要です。

夏の車内やトランクはかなりの温度になりますから、保冷などをせずにそのまま置いておくと傷みが早く進行します。

食中毒の危険もありますから、車での旅行やお仕事の際は、保冷剤をお弁当箱と一緒に入れておきましょう。

 

まとめ

食中毒の気になる季節、何時間も置いておくお弁当は特に心配ですよね。

 

生野菜は入れない、温かいものと冷たいものを一緒に入れないようにする、温かいものは冷ましてから入れる、これだけでも夏のお弁当が傷む危険をかなり予防することが出来ます。

それでも心配な場合は、保冷剤を使いましょう。

 

スポンサードリンク

私はもっぱら、冷凍食品をそのまま入れてます。楽ちんな上に、効果的な対策なのでおすすめですよ(^^)

スポンサードリンク

-夏に気になること
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

バーベキューコンロのおすすめ 初心者には?ガスと炭人気なのは?

アウトドアシーズン、家族や友達と外でバーベキューをするのも楽しいですよね。 スポンサードリンク でも、初心者だとどんなバーベキューコンロがいいのかよくわからなくて、迷ってしまうのではないでしょうか。炭 …

浴衣の帯は洗濯機で自宅洗いして大丈夫?クリーニングに出すべき?

夏のお祭りなどで浴衣を着る人も多いでしょうが、浴衣って普段めったに着ないから、どう洗えばいいのかとか、ちょっとわからなくて困ることってありますよね。 スポンサードリンク 浴衣自体の洗い方とかについては …

モロヘイヤで夏バテ防止 栄養の効能とおすすめレシピを紹介!

夏の厳しい暑さが続くと、食欲も落ちてしまってバテてしまいがち。 夏バテ予防のために、何かいいものを食べたいと思う方も多いのではないでしょうか? スポンサードリンク   そんな方におすすめした …

ボウフラの駆除は10円玉や油や魚で!安全に退治する方法!

スポンサードリンク 池や川に限らず、水の溜まる場所ならどこにでも湧いてしまうボウフラ。 言わずと知れた蚊の幼虫ですから、放ってはおけませんよね。 放置しておけば羽化して蚊になってしまいます。 &nbs …

ゴーヤチャンプルで夏バテ対策 栄養豊富な苦くないレシピを紹介!

暑い日が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。 スポンサードリンク 暑さに参ってしまって夏バテ気味という方もいらっしゃるのでは? 私も夏の暑さは苦手だったりします。   そんな時には、食 …

サイト内検索