生活に役立つ情報、暮らしの疑問の解決法、耳寄り情報、健康や美容に関する情報などをまとめています。

クリスマス

日本で初めてクリスマスケーキが販売されたのはいつ?日本だけで海外では食べないの?

投稿日:

日本で初めて クリスマスケーキ が販売されたのはいつ

クリスマスに私たちが日本人が食べる料理というと、クリスマスケーキにチキンが定番ですね。

 

でも、クリスマスというのは、皆さん知っての通り西洋から入ってきたイベントです。

一体、日本で初めてクリスマスケーキ が販売されたのはいつなのでしょうか?

明治? 大正? 昭和?

 

近代以降ということは確実でしょうけど、日本でクリスマスという行事が定着したのはいつ頃からなのか知らないと、ちょっとよくわかりませんよね。

ここでは、そんな疑問についてまとめています。

日本でクリスマスケーキが初めて売られたのって、意外と早かったんですよ。

スポンサードリンク

日本で初めてクリスマスケーキが販売されたのはいつ 明治 大正 昭和のどれ?

日本で初めてクリスマスケーキを販売したのは、現在の不二家です。

ペコちゃんでおなじみの、あのお菓子メーカーですね。

 

不二家の元となったお店は、明治43年(1910年)に藤井林右衛門という人物が25歳のときに横浜市元町に開店した洋菓子店だったそうです。

その洋菓子店の開店が11月で、翌月の12月にクリスマスケーキを販売したそうですよ。

 

ですから、日本で初めてクリスマスケーキが販売されたのはいつ? 明治、大正、昭和のどれ? という疑問の答えは、1910年の明治時代(明治43年)ということになりますね。

 

サイトによっては、日本で初めてクリスマスケーキが販売された年を1922年と書いているところもありましたが、不二家の公式サイト内の『不二家の歴史(明治から終戦)』を見ると、1910年にクリスマスケーキを発売し、1922年にショートケーキを発売とあります。

ですから、日本初のクリスマスケーキ販売は、1910年が正しいようですね。

 

明治時代の日本でクリスマスなんてやってたの? と疑問に思うかもしれませんが、明治21年頃からクリスマスカードなどが輸入されるようになり、明治35年頃にはクリスマスを祝う習慣が日本でも定着していたそうです。

 

明治39年の新聞広告には、サンタクロースも登場しているんですよ。

何の広告だったのかというと、石鹸の広告だったそうです。

 

日本初のクリスマスケーキ販売が明治43年ですから、日本にクリスマスが定着しだしてから8年後くらいにクリスマスケーキも登場したんですね。

その頃の日本人にとってのクリスマスは、今の私たちにとってのハロウィンみたいな感覚だったのかもしれませんね。

 

でも、明治時代に日本で描かれたサンタクロースって、ちょっと変だったんですよ。

日本版サンタクロース、その名は『三太九郎(さんたくろう)』!

赤い服を着たあのおなじみのサンタクロースが日本の雑誌に登場した歴史も面白いので、こちらの記事もどうぞ。

 

クリスマスケーキを食べるのは日本だけ?

クリスマスケーキといえば、白い生クリームにイチゴというイメージですよね。

でも、元々日本のクリスマスケーキにはイチゴは乗っていませんでしたし、生クリームでもありませんでした。

 

先程紹介した明治43年販売のクリスマスケーキは、ドライフルーツを入れたバターケーキ(プラムケーキ)を砂糖衣(フォンダンクリームのグラス)でコーティングしたもので、飾りは銀のつぶだけでした。

その当時はハウス栽培も発達していませんでしたから、冬にはイチゴは手に入らなかったんですね。

 

当時のクリスマスケーキを再現した画像を見ると、真っ白なホールケーキの上にクリスマスツリーをかたどった飾りが立っていて、その飾りにもクリームが塗られているのか、真っ白です。

この飾りはお菓子でできているんだろうか?

そのツリーに、銀のつぶが飾り付けのように散りばめられています。

 

クリスマスっぽくはありますが、クリームだらけでイチゴなどが乗っていないケーキを食べるのはちょっと辛いかも。生クリームでもないですし。

当時の日本人にとっては、それでも珍しいごちそうだったのかもしれませんけどね。

 

それから時が経ち、戦時中の小麦や砂糖の統制が戦後に解除されたことや、昭和40年代の冷蔵庫普及によって、生クリームを使った今のようなクリスマスケーキが本格的に普及していきました。

 

でも、生クリームに苺が乗っているクリスマスケーキって、日本だけなんですよ。

 

どうして日本では今のようなクリスマスケーキが定着したのかについては諸説あるようですが、ケーキ業界の仕掛けたイメージ戦略という説が有力なようですね。

白いクリームを雪に見立て、赤いイチゴはサンタクロースを表現し、更に、紅白はめでたいという日本人の持つイメージにも訴えているというわけです。

 

確かに、外国で食べられているような紅白ではないクリスマスケーキって、日本ではいまいち広まっていませんね。

 

外国でもクリスマスにはケーキが食べられています。

ですから、クリスマスケーキを食べるのは日本だけということはありません。

ただ、白い生クリームにイチゴが乗っている、あのクリスマスケーキを食べるのは日本だけなんですね。

 

では、海外ではどんなクリスマスケーキを食べているのか、次の章で紹介しますね。


スポンサードリンク

クリスマスケーキは海外ではこういうのです

イギリスでは、クリスマスにはクリスマスプディングやミンスパイが食べられています。

クリスマスプディングは、名前はプリンですが、パウンドケーキに近いですね。

 

View this post on Instagram

 

@tea_cottagemがシェアした投稿

 

ミンスパイは、りんご、ブドウ、その他柑橘類をみじん切りにしたものを砂糖、ブランデー、香辛料などで煮込み、それをパイで包んで焼いたものだそうです。

 

View this post on Instagram

 

Sayakaさん(@saaya_ey)がシェアした投稿

 

フランス北西部のアルザス地方では、ベラベッカというドライフルーツのお菓子を食べるそうです。

 

View this post on Instagram

 

サロンドロワイヤル京都本店さん(@salon_de_royal_kyoto)がシェアした投稿

 

ドイツでは、シュトーレンを食べます。これは日本でも有名ですね。

本場ドイツでは、シュトーレンをクリスマスに食べるのではなく、クリスマスの1ヶ月くらい前から、ちょっとずつスライスして食べるそうですよ。

シュトーレンを少しずつ食べながら、クリスマスが来るのを待つんだそうです。

 

View this post on Instagram

 

手作りパン教室 pan.tukuroさん(@pan.tukuro)がシェアした投稿

 

イタリアでは、パネットーネやパンドーロというケーキをクリスマスに食べます。

パネットーネは、ブリオッシュ生地の中にレーズン、オレンジピール、プラムなどが入っています。

 

View this post on Instagram

 

ankoさん(@bochun_cafe)がシェアした投稿

 

パンドーロは、小麦粉、砂糖、バター、カカオバター、卵で作られた、バニラの香りがする菓子パンです。

 

View this post on Instagram

 

コトコトパスタさん(@kotokotopasta)がシェアした投稿

 

アメリカでは、アップルパイ、パンプキンパイ、スイートポテトパイなどを食べます。

 

View this post on Instagram

 

Beth DeProphetisさん(@beedeebay)がシェアした投稿

 

クリスマスに食べる料理って、国によってずいぶん違うんですね。

日本では、生クリームとイチゴのクリスマスケーキだけではなくチキンも食べますけど、それも日本ならではなんですよ。

こちらの記事もどうぞ。

 

 


スポンサードリンク

まとめ

日本で初めてクリスマスケーキが販売されたのは、明治43年(1910年)です。

不二家の前身である横浜市の洋菓子店で販売されたもので、ドライフルーツを入れたバターケーキ(プラムケーキ)を砂糖衣(フォンダンクリームのグラス)でコーティングし、飾りは銀のつぶだけだったそうです。

当時のクリスマスケーキには、まだイチゴは乗っていなかったんですね。

 

今のような生クリームとイチゴのクリスマスケーキが登場したのは、冷蔵庫が普及した昭和40年代になってからです。

それまでのケーキは、バターにクリームを混ぜて作られていて、もっと固かったんですよ。

スポンサードリンク

-クリスマス
-

執筆者:

関連記事

サンタクロース 奥さん

サンタクロースの赤い服の由来はコカコーラって嘘?日本での起源は?

クリスマスに子どもたちにプレゼントを運んできてくれるサンタクロースといえば、白いふちどりの赤い服というのが、誰もが思い浮かべるイメージですよね。   サンタクロースのあの赤い服の由来がコカコ …

子供 スマホ プレゼント 早い 普及率

子供がスマホをプレゼントに欲しがる 小学生では早い?普及率は?

子供に「クリスマスプレゼントは何がいい?」って聞いたときに、リクエストされると困ってしまう物もありますよね。   スマホもその一つ。 小学生でスマホを持たせるのはまだ早いと思いますし、ネット …

クリスマスにチキンってなぜ?七面鳥の味が気になる 売ってる店は?

私達日本人にとってのクリスマスといえば、ケーキとチキンが定番ですが、海外では鶏肉(チキン)ではなくて七面鳥(ターキー)なんですよね。 なぜ日本では七面鳥じゃなくてチキンになったんでしょうか? チキンも …

クリスマス料理を2人分だけ簡単に 鶏もチキン以外も手作りを彼氏と

クリスマスに彼氏と2人で過ごすという方も多いと思いますが、自宅で手作り料理を一緒に食べるのもいいですよね。 スポンサードリンク でも、クリスマス料理のレシピを見ると、2人分にしては量が多かったりして彼 …

30代 女性 クリスマスプレゼント 4°c アクセサリー

30代女性へのクリスマスプレゼントに4℃を勧めない理由 アクセサリーのブランドはどこがいいの?選び方の注意点は?

もうすぐクリスマスですが、この時期になると彼女へのクリスマスプレゼントは何がいいのか悩みますよね。 指輪やネックレス、ピアスなどのアクセサリーは、女性が喜ぶプレゼントの定番ですが、彼女が30代だと選ぶ …

Information

新着記事